平準定期保険

平準定期保険とは、一般的に定期保険と呼ばれている保険商品です。この保険には契約期間が短期のものと長期にわたるものの2種類のものがありますが、両者とも契約期間中の保険料が変化しないという特徴があります。
短期の保険の場合、掛け金が安く済むにもかかわらず高額の保障が受けられるため、特に家庭の事情などによって出費がかさむと予想される期間に限定的に加入するといったケースが多く見られます。

ビジネス女性09

 

 

 

 

 

 

長期にわたる契約は主に法人向けとして発売されていますが、積立性の高さから従業員の退職金つくりと、万が一の事態に備えるために行なっていることがほとんどです。ただし長期の契約では保険期間が終了すると同時に死亡保障はなくなり、満期保険金は支給されない掛け捨て型の保険であるため、基本的には解約返戻率の高い時期に解約を行なうのが一般的です。
長期間の契約でも保険料は一定で変わらず、解約時の返戻金が支払った保険料とほぼ同額となっているため、この特徴を生かすことで高い保障を維持しながら退職金を無理なく形成していくことができるのです。また、法人が支払った保険料に関しては、その額のおよそ半分が損金として処理できるため税務の面でも有利となっています。

コメントは受け付けていません。