利率変動型積立終身保険(アカウント型保険)

生命保険の主流であった定期付き終身保険に代わって、保険会社が力を入れているのが利率変動型終身保険です。
通常の生命保険は金利水準が変化しても、予定利率が変わることはありませんが、利率変動型の場合は保険期間中に金利水準が変動した場合は利率も変化する仕組みになっています。

ビジネス女性03

 

 

 

 

 

 

特に利率変動型積立終身保険は予定利率は一定の期間毎に、その時点の金利水準に合わせて予定利率が見直されます。
この時に適用される予定利率には最低保証があり、それを超えた場合は解約返戻金や保険金額が増えます。
金利のリスクに対して保証がある点は安心で、保険料も保険期間中は変わりません。
この保険は保障部分とアカウントとも呼ばれる積立部分からなり、積立部分は自由に出し入れすることができます。
口座内に限定されますが、保障部分も自由に変えることができます。
ユニバーサル型とも呼ばれるのも、そうした柔軟性からきています。
加入で注意したいのが利率変動型で、しかも積立型である点です。
積立型の終身保険で利率が変動するタイプと捉えると良いでしょう。
言葉の通り、保障の開始は保険料の払い込み満了の時点をもって受けることができます。
つまり、保険料を払い込まない限り、死亡保障が受けられない点は留意する必要があります。
ただ、保険でありながら、貯蓄の流動性を実現している点は着目点です。

 

 

コメントは受け付けていません。