逓減定期保険

定期保険は保険料は掛け捨てで、一定期間の保障を約束するものです。
終身保険のように生涯の保障はありませんが、保険料が安く、保障の上乗せにも向いています。
そんな期限付きの定期保険の中で保障が年々減っていくのが逓減定期保険です。
逓減型は保障額が減る仕組みから、保険料も低く抑えられています。
保障額と同じように年々保険料は減るものではありませんが、子どもの教育費などのために保障額をある程度備えておきたい方には向いています。

ビジネス女性10

 

 

 

 

 

 

逓減型は保障額げ減る仕組みで、いくつかのパターンがあります。
最初の数年は保障額を一定にして段階的に減らしていくもの、あるいは保険期間中の終わりの期間を一定にしたものなど、どこに保障額のピークを持っていくかでも選択の余地のある保険です。
定期保険では保険期間中は保障額も、保険料も一定です。
しかし、逓減型は段階的に保障額が減る分を保険料の安さに充てています。
子どもが成長すると同時に、万一の際に必要な保障額は減っていきます。
これをカタチにしたのが逓減型で、死亡保障を家族や子どもの成長に合わせて考えるのであれば、理想的なカタチになっています。
ライフスタイルの変化を具現化した保険でもあり、合理的に保険を見直したい方に向いています。

コメントは受け付けていません。