逓増定期保険

逓増定期保険とは、保険期間中の保険料は一定にもかかわらず、一定の期間を経過した場合に保険金の額が次第に増加していくといった特徴を持つ保険商品です。この保険に関しては主に法人や経営者などが利用していることが多いため、一般の人にはあまり馴染みのない保険商品です。この保険では、保険期間中に被保険者である人物が死亡した場合には死亡保険金、高度障害になってしまった場合には高度障害保険金が支払われることになります。
この保険の特徴としては、契約期間が非常に長いという点と他の保険商品よりも保険料が高めに設定されている点を挙げることができます。また、保険料は変わらないにもかかわらず、契約期間の経過とともに保険金の額が増加していくという点も他の保険商品には見られない特徴となっています。

ビジネス女性11

 

 

 

 

 

 
一定の保険料で保険金の額が増加していくという特徴を利用し、法人や経営者は節税や従業員の退職金の目的としてこの保険の契約を結ぶケースが多く見られます。
この保険の保険料に関しては、他の保険商品と比べて保険料が割高なものとなっていますが、保険金の額が次第に増加していく特徴があるので中途解約をしたとしても満額に近い解約返戻金を受け取ることが可能となっています。そのため、保険金の額がピークに近くなる時期に解約をすることでまとまった金額を受け取ることができるのです。ただし、この保険に関しては満期保険金というものは存在しないため、あくまで中途解約を前提とした保険商品であるということは忘れないようにしておかなければなりません。

コメントは受け付けていません。