養老保険

養老保険は、基本的に最初に契約で決めた期間の保障があるもの言い、満期時には満期保険金を受け取ることができます。
例えば、10年間だけ保険に加入したく、かつ満期保険金も受け取りたいと言う希望であれば、この条件にあてはまります。
基本的な考え方としては、保険としての保障もあり、満期保険金も受け取れるので、貯蓄性に優れている保険とも言えます。
また、貯蓄性に優れていることから、定期保険のような掛け捨ての保険と言うイメージもなく、終身保険のような長期的に保険料を払わなくてはいけないと言ったイメージもないので、バランスがとれた保険と言えます。

ビジネス女性04

 

 

 

 

 

 
種類も様々で、保障期間中は保障を大きくし、満期保険金を受け取れるタイプもあります。
例えば、20年間だけ保険に加入したく、かつ満期保険金も受け取り、さらに保障期間中は満期保険金の倍の保障が希望であれば、この条件にあてはまります。
注意しなくてはいけないことは、満期以後の保障はないので、再度、保険に加入する際は、そのときに契約が必要となります。
その場合、年齢や健康状態によっては、再度、契約ができない場合があり、加入ができたとしても、保険料が高くなったり、また保障が大きくできない場合もあるので、その点についても充分理解しなくてはいけません。

 

 

コメントは受け付けていません。